JOHNSONS・MITSUBISHI jeep J4 マフラー交換

世の中、年末感が出てきましたね。

去年の世相を表す漢字は、オリンピックから「金」でした。

今年は何になるのでしょう。


🎵  今〜 私の〜 願〜い 事が〜 🎵
🎵  叶〜う な〜らば〜 🎵
🎵  お金が〜 ほし〜い〜  🎵


お金が余って、一万円札でケツを拭いている私は、お金が欲しいと思ったことがありませんが、何か?

拭き取りがあまいので、パンツにウンコ付いてますが、何か?

焼肉を食いに吉野家に行く庶民の皆様におかれましては、ボーナスが入って焼肉を食べに行かれている頃ではないでしょうか。

宝クジ当たらねぇかなぁ。

宝クジ買う金がもったいないと思ってるから一生当たらねぇだろうなぁ。


ということで、今年の漢字は

「玉」

でお願いします。

今年も残り僅か、頑張らないでいきましょう^_^






本題

J4が修理で入庫してきました。



このJ4っていうjeepは三菱ジープの中でも、かなり貴重なジープです。

戦後、警察予備隊に配備された本物です。

ですので、民生用ジープには無い装備が付いてます。

灯火制御時に使うBOランプ類

ライトスイッチも普通のものではありません。

コーションプレートも貴重ですね。


他にも沢山あるんだけれど、詳しく無いので。

まぁ、どれも同じに見えるけどな(笑)



3ヶ月前にマフラーの穴埋め修理したのですが、新品が手に入るということで、交換です。




まずはマフラーを外します。


60年経ったボルトを外すのは、一筋縄ではいきません。

ボルトナットは錆で固着して、力で回すものなら、ねじ切れます。

特にエンジンのスタットボルトを折ろうものなら、エンジン降ろさないとならなくなるので、ヒヤヒヤものです。

それだけは避けたい。


油たっぷりかけて



どうにか外れました。

一本スタットごと外れた。


外したらタップとダイスでネジ山を再生しましょう。


狭いところはこのアタッチメントが便利。

新旧マフラー。


新しいマフラーにスリットがなかったので、切り込みを入れます。


で、塗装。


キャブレターの調子がイマイチなので、オーバーホールしたいところですが、キットが無いので、ジェット類を洗浄します。


フロートチャンバーの中ゴミだらけだよ。

案の定、スロージェット詰まってました。


マフラー取り付け


ギョエー!つかねぇじゃん!

流石、メリケンもの。

made in 台湾 だったけどね^_^


新旧比べて見る


全然ち〜が〜う〜!



で、うちのM38見たら


合ってるじゃん。


ウィンチのシャフトが通ってやがった。


こいつのせい


元のマフラーをよく見ると

溶接加工後あり


パイプで作るしかねーか?!


今日はここまで

JOHNSONS vintage design works

埼玉県入間市にあるカスタムバイク・アイアン家具のオーダーメイド製作工房です。溶接メインの金属加工を主に請け負っていますので、ちょっとした修理やこんなの作りたいなんてのがありましたらお気軽にお問い合わせください。

0コメント

  • 1000 / 1000