JOHNSONS・ハンガーエイジング加工 錆塗装

毎日溶接をしていると火傷は付き物です。特に手首に火傷をします。
常に革手袋をしてるので、熱い鉄を触っても大丈夫ですが、袖口と手袋の隙間から直接皮膚で触ってしまうのです。

先日、500円玉サイズの火傷をして皮がベロリンチョになったのですが、キズパワーパッドを貼っています。

これが凄いんですわ。

カサブタの役目をするらしく、全く痛くなくなって、結構綺麗に治る。

目立たないように肌色なんだけど、一層の事、カサブタ柄にしてみてはどうだろう。



本題



ジーンズブランドDeeTAで使うハンガーエイジング加工の続きです。

前回、つや消し黒のベーシック塗装が終わったので、錆塗装をします。

錆塗装は一つ一つ手作業なので、同じ物は出来ません。


いきなり完成


50本あるので、錆の強度も色々作りました。

これなんか錆まくり^_^


お客さんが「汚ねぇ」って思うんじゃなかろうか^_^


間に合って良かった^_^

JOHNSONS vintage design works

埼玉県入間市にあるカスタムバイク・アイアン家具のオーダーメイド製作工房です。溶接メインの金属加工を主に請け負っていますので、ちょっとした修理やこんなの作りたいなんてのがありましたらお気軽にお問い合わせください。

0コメント

  • 1000 / 1000